2022年07月04日

シッター日記〜虹の橋へ旅立ったワンちゃん&ネコちゃん編〜

昨年、看板犬・ジャックの闘病が始まったあたりから、お世話にお伺いしたワンちゃん&ネコちゃんの様子をご紹介するシッター日記をずっとお休みしていました。

ワンちゃん&ネコちゃんのとびっきりの表情、ご紹介したいひとコマなど、シッター日記として掲載したいお写真は山のようにありましたが、写真を選んだり、加工したり、ブログを書いたりする時間がなく、休止期間はあっという間に一年に。。

でも、シッター日記は楽しみにしてくださる方が多い記事でもあるので、徐々に再開していきたいと思います。

というわけで、今日はシッター日記再開の前に、休止期間中に虹の橋へ旅立ったワンちゃんネコちゃんの記事を。
このブログでもおなじみだった子たち…感謝を込めてご紹介します。



最初はミニチュアダックスのキキくん。
昨年10月、虹の橋へ旅立ちました。
画像1.jpg

御年なんと!20歳8ヶ月。
大きな病気ひとつせず、老衰で天寿をまっとうしたキキくん。
亡くなる3ヶ月ほど前までは毎週のようにシッターにお伺いしていました。

オムツを交換したり、ごはんをペースト状にふやかして食べやすくしたりと、若干の介護は必要でしたが、とにかく晩年までとっても元気でした。
食欲も旺盛で、目が見えずともお部屋を元気に歩き回ったり、窓辺で風のニオイを感じたり、嗅覚を頼りにおやつ探しゲームを楽しんだり…
画像6.jpg

時々お部屋をぐるぐる歩き回るうちに疲れてしまい、洗面所やお部屋の隅など寝床でないところで眠ってしまっている日もありましたが、そんな姿もとても愛らしかったです。
画像5.jpg

こちらは飼い主様へ感謝の気持ちを込めて贈った羊毛フェルト細工。
キキくんに似てますか?
画像2.jpg



続いてはフワフワの白い毛並みが美しいムクくん。
今年の初め、9歳の若さで虹の橋へと旅立ちました。
画像7.jpg

昨年から体調を崩して通院が続いていたムクくん。
それでもシッターにお伺いするととても元気で、ごはんもおやつもモリモリ食べ、大張り切りで猫じゃらしを追いかけて遊んでいました。

こちらは亡くなる2ヶ月ほど前にシッターのお邪魔した時のムクくん。
本当に元気いっぱいでした…
20211113-2.jpg

一緒に暮らしていたサスケくんともとても仲良しで、男の子同士ですがケンカもせず、お互いを尊重しあって良い関係を築いていました。
画像8.jpg

仲良しのムクくんが亡くなり、サスケくんさぞ寂しい思いをしているかと思いきや…
サスケくんひとりとなった後シッターに伺った時、明らかなるサスケくんの変化を感じて驚きました。

これまでお留守番中あまりオモチャ遊びをすることのなかったサスケくんが、ムクくんの大好きだった猫じゃらしで、まるで別人(別猫)のように活発に遊び始めたのです。
画像9.jpg

遊びの手を止めるとすぐに膝の上に乗ってきて「遊ぼうよ〜」「おやつちょうだい」とニャオニャオおしゃべりしながら熱烈アピール。
画像10.jpg

きっとサスケくんにはムクくんの姿が見えていて、今も一緒に毎日を過ごし、お留守番も二人でしているのだと思います。
以来私も、シッターにお伺いした時にはムクくんのお骨に必ず挨拶をし、話しかけるようにしています。

この夏もサスケくんのシッターにたくさんお伺いする予定なので、透明なムクくんともきっと会えるはず。
だからムクくん、さよならは言いません。
また一緒に遊ぼうね♪

お悔やみの気持ちを込めて贈らせていただいたムクくんの羊毛フェルト細工。
飼い主様、お骨の隣に大事に飾って下さっていて、感激しました。
画像31.jpg



お次はチャロちゃん。
画像11.jpg

昨年秋にシッターのご依頼をいただいた際、チャロちゃんが若くして亡くなっていたことをお知らせいただき…
あんなに元気いっぱいだったチャロちゃんが…と信じられない思いでした。

チャロちゃん、今頃は先に虹の橋へ旅立った仲良しのおさしみくんと再会して楽しく過ごしているかな?
画像13.jpg

…というわけで、羊毛フェルト細工もおさしみくんとチャロちゃんを仲良く一緒に♡
画像15.jpg

ちなみに、チャロちゃんと一緒に暮らしていたキジちゃんは、ハイシニアになった今も若々しくてとっても元気!
画像14.jpg

さらに、メインクーンのモフリー・ブラウンくんという新たな仲間も加わってお家の中は再びにぎやかになりました。
画像16.jpg

モフリーくん、おすまししていると気高い王子様タイプに見えますが…
そこはやはり元気な1歳の男の子、遊びやイタズラが大好き!
やんちゃで無邪気な性格が愛らしく、これからの成長がとっても楽しみなネコちゃんでした。
画像17.jpg



続いてはベンガルのレイちゃん。
昨年夏にシッターのご依頼をいただいた際、2019年にレイちゃんが亡くなっていたことをお知らせいただきました。
画像20.jpg

シニアとは思えない軽やかな身のこなしで、食べることと遊ぶことが大好きだったレイちゃん、フレンドリーでとても頭のいい女の子でした。
画像19.jpg

レイちゃんには長年一緒に暮らしていた十兵衛くんという後輩ニャンコがいましたが、今度は十兵衛くんに可愛い後輩ができました。
保護猫出身、三毛猫のみかんちゃんです。
画像21.jpg

極度の人見知りな十兵衛くん、いつもシッターに伺うと押し入れの奥深くまで入り込んで隠れてしまうので、暗闇に光る眼を見つけて所在を確認したり、ごはんの減り具合や排泄状況で無事を確認するしかありませんでしたが、みかんちゃんという仲間ができて、今は二人仲良く秘密基地でかくれんぼ。
画像22.jpg

そして私がお世話を終えて帰った後は二人で大運動会。
翌朝シッターに伺って運動会の痕跡を確認するのもまた、楽しいひと時です。

十兵衛くんがみかんちゃんと仲良く元気に過ごしている姿、虹の橋にいるレイちゃんもきっと喜んでいると思います。



最後はロシアンブルーのぼんちゃん。
昨年末、11歳で虹の橋へ旅立ちました。
画像23.jpg

腎臓に持病を抱えながらも晩年まで比較的元気に過ごしていたぼんちゃん。
人見知りなのにお世話にお伺いすると毎回きちんと姿を見せてくれていました。
ご機嫌が良いと遊びにも乗り気になってくれたり、おやつのちゅ〜るが出てくるとすかさずキッチンに駆けつけたり。
奥ゆかしくてとっても可愛らしい女の子でした。
画像24.jpg

飼い主様、今年に入り、新しいネコちゃんを迎えられました。
マンチカンのあんこちゃん。
まだ0歳の子猫ちゃんです。
画像25.jpg

5月に初めてあんこちゃんのシッターにお伺いしたのですが、見た目も毛色もぼんちゃんに似ているものの、性格は正反対のフレンドリーなお転婆さん。
マンチカンゆえの短いお手手を精一杯に伸ばしてオモチャに跳びつき、可愛いお顔が変貌するほどオモチャに食らいつき…疲れ知らずの遊びっぷりに私の方がノックアウト寸前でした(笑)
画像26.jpg



…というわけで、久しぶりのシッター日記、虹の橋へ旅立ったワンちゃん&ネコちゃん編はここまで。

お別れは寂しいですが、どの子にもお世話を通じてたくさんの経験と、数えきれないほどの思い出をもらいました。
キキくん、ムクくん、チャロちゃん、レイちゃん、ぼんちゃん、今まで本当にありがとう.:*・☆*・゚・



▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 23:29| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

繁忙期らしい繁忙期

ゴールデンウィークの繁忙期を無事に終え、昨日から通常営業モードに戻りました。

3年ぶりに行動制限のない大型連休となった今年のゴールデンウィーク。
当店も久しぶりに繁忙期らしい繁忙期となり、休みなしのフル稼働でした。
我ながら「よく働いたなー!」と達成感に浸っています。

それにしても今年のゴールデンウィークは本当に人出がすごかったですね。
中区を中心に営業していると、日々の移動やワンちゃんとのお散歩で通るルートが観光スポットであることも多く、連休のピーク時には車道は大渋滞、歩道も人が溢れかえって牛歩状態で、移動やお散歩が難航した局面も幾度かあり…改めて「横浜って観光地なんだなぁ」と思い知らされました。

そして、ゴールデンウィークの序盤では思いがけないアクシデントが!!
光回線を引き込んでいるONU端末とWi−fiのルーターが揃って故障し、天に召されてしまいました。
固定電話もPCでのインターネットも不通となり、連休中ゆえ修理の担当者に来てもらえるのは最短で5日後。

連休中は唯一インターネットにつながっているスマホの4G回線を活用し、シッター後のご報告メールはスマホから送信したり、ホームページの更新などどうしてもパソコンでしなければならない作業はスマホのテザリングでしのいだりしていました。
(そんなわけで、お世話終了からご報告までに時間がかかってしまい、お客様には大変ご迷惑をおかけしました)

5日後、ようやく修理の担当者さんがいらして、仕事の合間に工事の立ち合い。
機器を新しいものに交換し、ケーブルを繋ぎ直せば即終了…のはずが、我が家の機器の故障以外に基地局の障害なども発覚して作業は難航。
修理は3時間にも及びましたが、紆余曲折の末ようやく固定電話もインターネットも元通りに復旧しました。

繁忙期+アクシデントで大わらわのゴールデンウィークでしたが、この状況下でもなんとか乗り切ることができ「何事もやってやれないことはないなぁ」と妙な教訓を得て、なんだか精神的にたくましくなれた気分です。

写真は新しいONU端末とルーター。
通信速度も電波の強度も増して、インターネット環境が格段に快適になりました♪
photocollage_202251016223737.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 16:52| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月06日

さよなら、ゴウくん。

先月、お客様のネコちゃんとのお別れがありました。
アメリカンショートヘアのゴウくん、5歳の若さでした。
photocollage_202186142445868.jpg

ゴウくんは長らくご愛顧いただいているお客様宅の5ニャンズのうちのひとり。
昨年春にメルくんと小夏ちゃんが立て続けに虹の橋へ旅立ち、今年はゴウくんまで…
飼い主様のご心痛はいかばかりかと、想像するだけで胸が苦しくなります。

ゴウくん、先月下旬に突然具合が悪くなり緊急入院。
飼い主様からは「ゴウくんが退院したら一度顔を見に来てやってください」とのご連絡をいただいていました。

その後奇跡の回復を遂げ、メキメキと元気を取り戻したゴウくん。
元気になったゴウくんに会えるのを、私も楽しみにしていました。

が、退院が決まり「今日が退院日」という日に無情にも容体が急変。
翌日未明に虹の橋へと旅立ったそうです。


先日、コロナ流行下ではありますが、ゴウくんの弔問に伺い、ゴウくんの入院中のこと、最期のこと、ご供養のこと、思い出話などなど…飼い主様と色々なお話をさせていただきました。

飼い主様、連絡を受けて病院に駆けつけるもゴウくんの最期には間に合わず…
でも、かかりつけの院長先生が夜を徹してゴウくんのそばについていてくれたそうで、まだぬくもりの残る、とっても安らかな可愛らしい表情のゴウくんとご対面できたと、先生にとっても感謝されていました。

業種は違えど同じく動物の命を預かる者として、動物に真摯に向き合い、飼い主様に誠意をもって仕事をさせていただく姿勢は今後も何より大切にしていきたいなと思えたエピソードでした。


食べることよりも、寝ることよりも、とにかく遊ぶこと大好きだったゴウくん。
シッターに伺うといつもオモチャの入った棚の前でこんな感じでした↓
photocollage_20218614183378.jpg

ゴウくんの遊びには心優しい先輩猫・ちゃ吉くんがいつも付き合ってあげていて。
そんな二人の仲良しぶりに、いつも心癒されていました。
photocollage_20218614236910.jpg

短い生涯でも、飼い主様と出会い、飼い主様のお家の子になったのには意味があって、きっと運命やご縁に導かれたのだと思います。
愛情深い飼い主様と、頼もしく優しい先輩猫たちに囲まれて過ごしたゴウくんは、人一倍、いや猫一倍幸せな生涯だったことでしょう。
元気すぎるくらい元気だったゴウくん、きっと5歳までに一生分を生ききってしまったのだと思います。

そんな話を飼い主様としていたら、ちゃ吉くんが何やら壁の一点をじっと見つめており…
ちょうどゴウくんの大好きなオモチャの棚のすぐ上あたり。
多分ゴウくんがきてくれていたんだと思います。
photocollage_20218614253781.jpg
▲猫背の常識を覆す、ゴウくんの見事なエビ反り。名付けて「ゴウバウアー」

今頃は虹の橋にいる小夏ちゃん&メルくんと合流して、毎日走り回っているかな?
photocollage_202186142718172.jpg

元気すぎるゴウくん、勢い余って虹の橋から落っこちてこっちの世界に戻ってきてくれそうな気がしてなりません。

ゴウくん、今までありがとう♪
小夏ちゃん&メルくんにもよろしく伝えておいてね。
photocollage_202185225735523.jpg
▲こちらは弔問時にお持ちした心ばかりのハンドメイド品。
左は虹の橋にいる3ニャンズのフォトフレーム、右下はゴウくんの刺繡ブローチです。



▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 19:35| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月27日

嬉しい再会!20歳のキキくん

今月、とっても嬉しい再会がありました!
以前よくお伺いしていたミニチュアダックスのキキくんのお宅から、久しぶりにシッターのご依頼をいただきました。
図2.jpg

前回キキくんのお宅に伺ったのは2019年1月、キキくんがまだ17歳の時。
その後、コロナ禍で飼い主様がテレワークとなるなどお留守番の機会が無くなったために、シッターのご依頼が途絶えていました。

シニアのワンちゃん、ネコちゃんのお宅の場合、しばらくご依頼がなく間が空いてしまうと、あまり考えたくはありませんが「もしかして大病をしているのでは?」「虹の橋に旅立ってしまったのでは?」ということが頭をよぎり、「○○ちゃん(ワンちゃん、ネコちゃんのお名前)お元気ですか?」と気軽にお声がかけづらくなってしまいます。

キキくんのところもそんなお宅のひとつで、折に触れて「どうしているかな?」と気がかりでいました。

そんな中、キキくんが20歳のバースデーを迎えたという嬉しいご報告と共に、またキキくんのシッターを再開してほしいとのご依頼をいただき…久々のお世話になるので飼い主様とお打ち合わせ。
キキくんとも、実に2年半ぶりの再会を果たしました。

キキくん、お目目が見えなくなっているので視線が合うことはありませんが、そっと手を差し出してみるとクンクンとニオイを嗅いで「おっ?この人、なんか知ってるぞ!」と反応を示してくれました。

以前より足腰が弱くなり、トイレの段差につまづくようになってしまったためオムツ生活になっていましたが、飼い主様曰く健康診断でも内臓の数値は悪いところがひとつもないのだとか。
「こんなに長生きしてくれるとは思っていなくて…キキから生きるということを教わってます」という飼い主様の言葉がとっても印象的で、私もこんなに元気で20歳のキキくんと再会できるなんてと、感慨もひとしおでした。

そんなわけで、飼い主様からごはんのふやかし方や、オムツ装着のコツなどを教えていただき、シッター再開!
飼い主様が試行錯誤を繰り返しながら編み出したキキくんのお世話方法には色々なノウハウが詰まっていて、キキくんのお世話を通じてたくさんのことを学んでいます。

シッター中のキキくんはというと、ごはんはこの通り大きなお口を開けてモリモリ食べ、最後の一粒まできれいに舐めて器はピカピカ✨
photocollage_2021627122649234.jpg

食後は元気にお部屋を歩き回り、嗅覚を頼りにおやつ探しゲームを楽しんだり。
photocollage_202162712231770.jpg

窓辺に寝そべって、網戸越しに外のニオイを嗅いだり。
photocollage_2021627112257903.jpg

今日はもう眠いからおやついらない!とすぐに寝てしまったり。
photocollage_2021627112350934.jpg

自分の心と体に正直に、マイペースに生きているキキくん。
きっとこれがご長寿の秘訣なのだと思います。

キキくんただいま20歳と4ヶ月。
当店のお客様のワンちゃんの中で、ダントツの最高齢です👑


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 16:07| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月23日

こんなお散歩をしています。

前回のブログでドッグトレーナーさんによるお散歩レクチャー動画をご紹介しましたが、私もお客様のワンちゃんと日々たくさんお散歩をする身。
「じゃあアンタはどうなのよ?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

…というわけで、今日は私がどんなお散歩をしているかをお話ししたいと思います。

冒頭から言い訳みたいになりますが、私はドッグトレーナーではなくペットシッターなので、自分の指示に従わせるよりも、お留守番中のワンちゃんにストレスなく楽しく過ごしてもらうことを最優先にしています。

お散歩の仕方もワンちゃんの性格により個々に変えているので、お世話の方法はいわば一軒一軒オーダーメイド。

例えば人の右側しか歩きたがらないワンちゃんがいて、進行方向により私の右側が車道側になってしまったとしても、無理に左側に強制するのではなく、安全に十分注意しながらワンちゃんの歩きたがる右側を歩いてもらえるようにします。

また、お散歩中にウンチをする際、無防備になるので近くで見守っていてほしいタイプのワンちゃんと、無防備な時に(私を含め)人に近づかれたくないタイプのワンちゃんがいます。
前者の場合は全力で見守ってあげますが、後者の場合ウンチの体勢になりそうだなという前触れが感じられたら少しリードを長めに持って距離を取り、ウンチが終わるまで少し離れたところで様子をうかがっています。

どんなタイプのワンちゃんにも共通して行っているのは、お散歩中の声掛け。
私はお散歩中、黙々とお散歩していることはほとんどなく、絶えずワンちゃんに話しかけています。
まずはお散歩に出発する際「今日どこ行こっか?」と声をかけつつワンちゃんの行きたいコースをうかがい、信号待ちの時は「赤だよ〜ちょっと待ってね」と声をかけたり、もちろん青になれば「よし!」や「行こう!」と声掛けをします。
ワンちゃんが右に行こうか左に行こうか迷っていたり、足が止まったりした時には「どうしたの?」「どっち行きたい?」と聞きますし、危険物や不衛生なものがあれば「そっちはやめとこう!」「こっちおいで〜」と声をかけながらリードを引いて誘導します。

そして、ワンちゃんの大好きなニオイ嗅ぎも、極力ワンちゃんの気が済むまで付き合うことにしています。

そんなわけで他人様から見て立派なお散歩というには程遠く、見る人が見れば「車道側に犬を歩かせて!」「リード長くしすぎだろ!」とダメ出しをいただくかもしれませんし、「犬の言いなりになって、甘やかしすぎね」と笑われるかもしれませんし、「あの人、犬とずっとしゃべっててヤバイ人なんじゃないかしら?」と警戒されているかもしれません(笑)

でも、最低限安全とマナーを守っていれば、あとはワンちゃんが楽しければいいじゃない!と強い心で自分が良いと思うお散歩を貫いています。

ワンちゃんが「今日のお留守番楽しかったな〜♪」と思ってもらえたら、そして、そんなワンちゃんの表情をご覧になった飼い主様がホッと安心してくだされば、これに勝る喜びはありません。

202104-19.jpg
ちなみにジャックとの散歩でも、絶えず何かしら話しかけています。
ジャックは歳と共にお散歩ぶりもどんどんワガママ化しているので、私が話しかける内容にもついついぼやきが混ざります(笑)



▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 16:29| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする