2020年03月19日

ペットシッター業界への影響は?

依然として世界を脅かしている新型コロナウイルス、健康被害はもちろんのこと、経済に与えるダメージも深刻で、連日テレビでは様々な業界の事業者さんが経営の危機に瀕していると報道されています。

そんな中、最近お客様との会話の中で「ペットシッター業界にも影響ありますか?」と聞かれることが多いので、今日はこれをテーマにお話ししたいと思います。


我々ペットシッターは、ほとんどの事業者が犬または猫のお世話をメインとしています。
私のように犬猫両方のお世話をしているシッターもいれば、犬専門、猫専門のシッターもいます。

犬と猫を比較してみると、朝夕のお散歩と食事のお世話が必要な犬の方が、圧倒的にシッターを必要とする時間のスパンが短い傾向にあります。
飼い主様が泊まりがけでご不在の場合はもちろんのこと、その日のうちに帰宅される場合でも、
・残業
・アフター5のご予定
・日帰りのお出かけ
などを理由に需要が発生します。

これに対し猫は(投薬などが必要な子を除き)飼い主様がその日のうちにお帰りになる場合はほとんど需要がなく、泊まりがけでご不在になる場合に初めて需要が発生するケースが多いです。

ですので、旅行や出張をキャンセルされている方が多い現状を考えると、おそらく猫専門のシッターさんはかなり影響を受けている方が多いのではないかと思います。


当店に関していえば、常連さんに圧倒的にワンちゃんの飼い主様が多いので、おかげさまでさほど影響は受けていません。
先月はヘトヘトになるほど忙しかったですし、今月に入ってもご旅行、ご出張、ご帰省予定だったお客様のキャンセルが3件入ったのみ。
中には「在宅勤務になったのですが、仕事をしている間は家にいても(ワンちゃんたちの)相手をしてあげられないので」と変わらずお散歩のご依頼をくださるお客様もいらっしゃって…ありがたい限りです。

それでも、例年繁忙期となる春休みシーズン(3月後半)の忙しさは少し和らいでいるので、中断していた通信教育の勉強を再開したり、年度替わりの書類のファイリングや整理をしたり、事務仕事も溜め込まずに処理できたりと、空いた時間の有効活用もできて、デスク周りも頭の中も例年よりスッキリしています(^-^)


もしも私が猫専門のシッターだったら、今頃はアルバイトでもしていたかもしれません。
犬のお世話も承っていること、そしてたくさんの常連さんがいて下さるおかげで、経営危機に至らずに済んでいること、本当にありがたいことだなとつくづく感じます。
ひとつのジャンルに特化して専門性を高めるのももちろん素晴らしい働き方だと思いますが、安定した経営のためには事業の柱をいくつか持っておくことも必要だなと、新型コロナウィルスの影響を受け、思いがけず働き方を見つめ直すいい機会となりました。


実は今、新しい仕事のオファーをいただいており、さらに自分でも新たに始めたいこともあり、色々準備中の日々を送っています。
(シッター業務はこれまで通り続けますのでご安心ください。。)

非常事態、時代の流れ、ジャックやキキの老化、そして自分自身の加齢に伴う体力の低下…この先訪れるであろう色々なハードルに備えて、柔軟な働き方ができるよう工夫をしていきたいなと思っている今日この頃です。

↓写真は世相や経営なんてどこ吹く風の看板猫・キキ。
図1.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 19:04| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

あれから9年――在宅避難の備えはできていますか?

今日で東日本大震災の発生から9年。
テレビ越しに見る被災地は、復興が進んでいるところと、時が止まったままのようなところが混在していて「まだまだこれからだな」と感じます。

現在日本は新型コロナウィルス騒動の影響が大きく、マスクを始め日用品や一部食料品の品薄も続いていて、じっくり災害への備えをしたり考えたりできる状況にない方がきっと多いことと思います。

ただ、こんな状況下でも災害は起こるかもしれません。
もしかしたら、それは今から数分後かもしれません。

もし今災害が起こったら――。
依然として人が集まることへの自粛が求められる中、大勢の人が押し寄せる避難所生活は困難を極めることが予想されます。

そもそも避難所のキャパシティに対し、その地域に住む人、犬、猫の数を考えたら、全員が入ることは不可能です。
避難所に行っても満員で入ることすらできないということも充分に考えられます。

ひと昔前は、災害が起きたら「リュック(非常用持出袋)を背負って避難所へ」が合言葉でした。
しかし時の流れと共に、現在は「いかに在宅避難をするか」が重要なポイントとなりつつあります。

まずは最低限1週間分の水・食料・トイレ用品・ペット用品を備蓄しましょう。
そして、絶えずその状態をキープできるよう、ローリングストックをしましょう。

数分後に来るかもしれない災害のために、愛犬・愛猫を守るために、是非今できる準備に今取り組んでほしいなと思います。


最後に、今日はオススメのYoutube番組をひとつご紹介します。
ポチたまでおなじみの松本秀樹さんが、「防災とペット」をテーマに、特に在宅避難の備えの重要性について分かりやすくお話ししています。

3月11日。
被災地へ想いを馳せつつ、不要不急の外出は控えてYoutubeで災害対策のお勉強はいかがですか?

▼松本秀樹の犬のことなら何でも聞いて!!
「防災とペットの扱い」について
https://youtu.be/2xYBX6LZkjM


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 14:44| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月19日

【中止】ペット関連 無料セミナーのご案内

※3月4日追記
3月20日に開催予定の『災害時のペット対策講習会』は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため中止となりました。


--------------------------------------------------

本日は中区民対象の、ペット関連セミナーを2つご紹介します。
いずれも無料で専門家のお話がじっくり聞ける貴重な機会ですので、ご興味のある方は是非ご参加ください。

【終了しました】高齢ペットとの暮らし方セミナー 〜大切なペットのために〜
図4.jpg
獣医師さんやドッグトレーナーさんが高齢ペットに起こりやすい病気や行動、その対処法や介護についてお話しします。
大切なペットのためにできること、学んでみませんか?
ちなみに講師の大久保さんは、私が神奈川動物ボランティア連絡会で一緒に活動をさせていただいているボランティア仲間のトレーナーさんです!

・講師
野毛坂どうぶつ病院院長 高尾 幸司 先生
ドッグトレーナー 大久保 芳樹 先生

・日時
2月29日(土)14時〜16時(受付13時30分〜)

・場所
中区役所 7階会議室
所在地:横浜市中区日本大通35

・定員
中区在住の方 先着100名
※入場無料
※動物を連れての参加はできません。

・申込先
中区役所 生活衛生課 環境衛生係
TEL:045−224−8339
FAX:045−681−9323
▼FAX申込用紙ならびにインターネットでのお申し込みはこちらへ
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/event-bosyu/sonota/koureipet.html


【中止となりました】災害時のペット対策講習会 〜獣医さんの話を聞いてみよう〜
図5.jpg
災害が起きてもペットの飼育を続けられるようにするために、今できることがあります。
ペットを飼っている方にも、飼っていない方にも知っておいてほしいペット防災の現状について、獣医さんのお話を聞いてみませんか?

・講師
かもめ動物病院院長 中山 孝大 先生

・日時
3月20日(金・祝)13時〜14時30分(受付12時30分〜)

・場所
開港記念会館 6号室
所在地:横浜市中区本町1−6

・定員
中区在住の方 先着100名
※入場無料
※動物を連れての参加はできません。

・申込先
中区役所 生活衛生課 環境衛生係
TEL:045−224−8339
FAX:045−681−9323
▼FAX申込用紙ならびにインターネットでのお申し込みはこちらへ
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/event-bosyu/sonota/petbousai.html


ここで講師の中山先生のご紹介を…。
中山先生はご自身の病院で日々獣医療にあたっておられるほか、中区獣医師会の会長さんもされており、動物愛護行政への協力や、ペットの災害対策の啓発にも大変熱心な先生です。
災害時に備え中区の獣医師と動物取扱業者で動物のためのボランティアチームを結成するためのネットワークづくりも行っており、私もメンバーとして登録をさせていただいています!

昨年の災害時のペット対策講習会も中山先生が講師を担当してくださいましたが、災害対策の基本から分かりやすくお話してくださるのはもちろん、中区に特化した災害対策の課題も浮き彫りにしてくださり「さすがは地元の獣医さん!」と思える内容で、中山先生の気さくなお人柄ゆえ質疑応答の時間も次から次へと質問が寄せられ、時間がオーバーしてしまうほどの盛況ぶりでした。
※昨年の中山先生のご講演レポートはこちら(昨年のブログ記事にリンクします)


いずれのセミナーも、一人でも多くの飼い主さんに聞いていただきたいと思います。

私も当日仕事が入っていますが、何とか時間をやりくりして受講したいと思います!


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 13:11| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

マスクが手に入らなくても大丈夫!

今日は前回のブログの続き、私がマスクを使わない理由についてお話ししたいと思います。

図6.jpg

理由は大きく分けて3つあります。

まず1つめは、私は久しく風邪を引いておらず(「○○は風邪ひかない」というツッコミは無しでお願いします!笑)、インフルエンザにも罹ったことがなく、自分が咳やくしゃみをして他人に何かを感染させてしまう可能性がなさそうなこと。

2つめは、ペットシッターを開業してからというもの、めっきり人混みとは縁がなくなったこと。
日々の業務は留守宅でのワンちゃんネコちゃんのお世話&屋外でのワンちゃんのお散歩の繰り返しなので、ラッシュ時の満員電車や駅、会社で感染する心配もなくなり、さらに年末年始や大型連休など世間のお休みはもれなく繁忙期になるので、混みあった繁華街や観光地に行くこともなくなり…生活サイクルそのものがすっかり感染症から遠ざかってしまいました。

3つめは、マスクをすることで仕事中のコミュニケーションに支障が出ること。
実はこれが最大の理由です。

マスクで顔の半分を覆うことで、私だと分からずにワンちゃんネコちゃんが警戒してしまう場合があります。
(マスクだけでなく、眼鏡やサングラスをかけたり、帽子やフードをかぶったりすることも同様です)
もちろん、帽子をかぶり&マスクをして、目だけしか出ていない状態でもまったく大丈夫な子もいるのですが、極力見た目でビックリさせないよう心掛けています。

そして、私はお散歩中やお世話中、絶えずワンちゃんやネコちゃんの名前を呼んだり話しかけたりしているのですが、マスクで口を覆っている状態(私の口が開いているのか閉じているのか見えない状態)でいきなりマスクの中から声を出すとビックリしてしまう子がいます。

さらに、マスク越しになることで声も若干こもってしまうので、お散歩中のワンちゃんへの指示なども伝わりにくくなってしまうのではという心配もあり…特にとっさの危険の時などは一瞬で正確に伝えなければいけないので。。


そんなわけで私はすっかりマスクを使わない生活を送っていますが、その分、帰宅後のケアにはかなり気を使っています。
お客様のお宅ではお世話の開始前と終了後に手を洗いますし、帰宅後はうがい手洗いを念入りにするのはもちろんのこと、洗顔や鼻孔内の洗浄、保湿などもします。
そして、仕事で着る服と自宅で着る服は完全に分けていますし、仕事柄爪はかなり短くしているので、爪と指の隙間に汚れが入る隙間がほぼないのも奏功しているかもしれません。


おかげさまでこの冬も風邪ひとつ引かず元気に過ごしています。
マスクが手に入らず不安に感じていらっしゃる方には、マスクをしなくてもこんなに元気な私を安心材料にしていただき(笑)、是非帰宅後のケアに重点を置いていただけたらと思います。

そしてマスクの買い占めがなくなり、医療従事者や花粉症の方など、本当に必要な方にマスクが行き渡ってほしいなと切に願います。

明日以降、マスクの品薄状態が解消されるという情報もありますね。
我が家はまだまだストックがあるので、もうしばらく事態を静観したいと思います。


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 11:58| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月12日

災害対策はコロナウィルス対策にも役立つ!?

昨年末に中国で発生した新型コロナウィルス。
感染が拡大するにつれ騒動は大きくなり、クルーズ船『ダイヤモンド・プリンセス号』の一件で横浜はすっかりニュースの中心地になってしまいました。

ドラッグストアやスーパー、ホームセンターなどからはマスクや消毒液が姿を消し、欲しくても買えない人が続出…
そんな非常事態ともいえる光景を目にし、ふと思いました。
「日用品のローリングストックがちゃんとできていれば、こんな騒動にはならないのに」と。

ローリングストックとは――。
ご存知の方も多いと思いますが、災害時に備えるため、普段から少し多めに食材や加工品を買っておき、使ったら使った分だけ新しく買い足していくことで、常に一定量の食料を家に備蓄しておく方法。

食料品に限らず、日用品も備蓄をしてローリングストックとして運用していけば、今回のような事態にも備えられます。

災害対策は地震や台風の時だけでなく、こうした非常事態にも役立ちます。
今回の騒動を教訓に、今一度ご家庭での備えについて考え、見直していただくきっかけになれば良いなと思います。


ちなみに我が家では東日本大震災以降、食料品も日用品も、もちろんペット用品も、ローリングストックを実践しています。
とりあえず1ヶ月ぐらいは籠城できそうです。

マスクも消毒液もしっかりストックがあるので当分品薄でも耐えられそうですが、そもそも私はマスクはほぼ使いません。
なぜ使わないのか…いい機会なので次回のブログでその理由について書いてみたいと思います。

▼今日の夕暮れの横浜港。ベイブリッジの下に静かにたたずむダイヤモンド・プリンセス号。
PhotoGrid_1581519263081.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 23:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする