2021年07月08日

ついに私のところにも…

本日、40代の私のところにもついに新型コロナウィルスのワクチン接種券が届きました。
図1.jpg

…と言っても、まずは基礎疾患がある方と高齢者施設等の従事者の方が優先接種の対象なので、基礎疾患の無い健康体の私は8月に再度案内が届くまで待機となります。

新型コロナウィルスの流行以降、私自身のこまめなうがい手洗いや、マスクの着用、手指の消毒などはもちろん、お客様宅に上がる際は使い捨てスリッパやフットカバーを使用したり、業務に使用する道具なども毎日消毒するなど、できうる限りの感染予防対策をしながら営業を続けてきました。

今後ももちろんこれらの対策は継続しますが、お客様により一層安心してご利用いただくためにワクチン接種は必要と思っていますので、8月以降スケジュールの都合がつき次第接種しようと考えております。

ただ、気がかりなのは副反応のこと。
これまで身近で接種を済ませた方(20代から70代くらいまでの各年齢層)の体験談をお聞きしたところ、

・副反応まったくなし
・接種箇所が若干筋肉痛になった程度
・腕が上がらなくなるほど接種箇所が痛くなった
・微熱が出た
・気分が悪くなった
・高熱が出て寝込んでしまった

…とかなり振り幅が大きく、自分にどの程度の副反応が出るのか(もしくは出ないのか)、打ってみないと分からないというところが唯一の懸念点です。

発熱や気分の悪さ、腕が上がらないほどの痛みが出たらシッター業務に支障が出ますし、特にワンちゃんとのお散歩はとっさの判断や行動が鈍ると思うので、お引き受けはできないと思います。

念のため接種当日と翌日は休業日にしておいた方が良いのかなぁと思うものの、先月あたりからシッターのご依頼が増えて少し慌ただしくなり、3週間の間に2度もワクチン休暇は取れそうになく…

ただいまスケジュールとにらめっこしながら、どうしたものかと思案中です。
8月までもう少し検討し、休業日を設ける場合はできるだけ早めにご案内をさせていただきたいと思います。


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 23:14| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月15日

『犬との生活 もっと楽しく』

今日は横浜市のYoutubeチャンネルに掲載されている動画『犬との生活 もっと楽しく』のご紹介です。

中区役所(中福祉保健センター生活衛生課)では、これまで中区在住のペットの飼い主さんを対象に、ペットの適正飼育を目的としたたくさんの無料セミナーを開催していましたが、コロナ禍でセミナーが開催できない状況になり、もう一年以上…

そんな中、ステイホーム中でも気軽に学べる動画形式で、犬を飼っている方、これから飼おうと思っている方に役立つ情報の配信がスタートしました。

犬との生活 もっと楽しく』と題して制作されたこの動画は、ドッグトレーナーさんと区役所の職員さんとの対談によるアットホームな内容。
1作目となる今回は「お散歩編 パート1」。
お散歩で使うグッズと、その使い方を紹介しています。

図.jpg

▼犬との生活 もっと楽しく(お散歩編 パート1)
https://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kurashi/sumai_kurashi/pet_dobutsu/kousyu.html

動画は14分弱。
しかも、Youtubeでの配信なので、中区在住以外の方も視聴できるのは嬉しいですね。

ちなみに、この動画に出演しているドッグトレーナーの大久保さんは、私が所属しているNPO法人 神奈川動物ボランティア連絡会(KAVA)で一緒に活動しているボランティア仲間さん。
本牧山頂公園や根岸森林公園のドッグラン運営もされており、ミリオンペットの店長さんとしてご存じの方も多いと思います。

現在続編となるパート2も制作中。
ぜひシリーズ通してチェックし、ワンちゃんとの暮らしに役立てていただけたらと思います!


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 13:57| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月25日

Merry Christmas☆

看板犬・ジャックと看板猫・キキから皆様へ…Merry Christmas🎄🎅
photocollage_20201224185728744.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 17:08| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月21日

「絶対大丈夫」はない!

昨日、仕事を終えてニュース番組を見ていたら、秋田犬がコーギーに噛みついたことに端を発する人間同士の傷害事件について報じていました。

▼事件の詳細はこちら。
事件の発端は犬同士のケンカ…81歳男が逮捕(FNNプライムオンライン)
https://www.fnn.jp/articles/-/97607

先に殴りかかろうとした(結果空振りで殴っておらず)コーギーの飼い主さんももちろん悪いのですが、反対に殴りかかって相手の歯を折るほどのケガを負わせた秋田犬の飼い主さんの行為は言語道断。
秋田犬保存会の支部長というお立場だったなら、秋田犬の習性も充分理解していたのでは?
そもそも噛みつく前にリードを短めに持って制止するなど、他のワンちゃんへの危害を未然に回避する策はいくらでも取れたはずです。

さらに、事件の詳細を伝えた後、犬に詳しい専門家のインタビューが放送されていたのですが、その際「人懐っこいコーギー」「忠誠心の強い秋田犬」というテロップが出ていたのにはいささか疑問を感じてしまいました。

コーギーでも凶暴な子は結構いますし、逆に獰猛さはどこかに忘れてきてしまったような穏やかで人懐っこい秋田犬だっています。
また、コーギーや秋田犬に限らず、普段は穏やかな子でも、ある日ある時何かのきっかけで攻撃的になることも…犬に「絶対大丈夫」はないと、私は思っています。

私もかつてシッター中のお散歩で、犬同士がまだ5メートル以上離れた状態で何のコンタクトも取っていないのに、突然犬歯と敵意をむき出しにしたコーギーがお客様のワンちゃんめがけて猛ダッシュしてきたことがありました。(その時はお客様のワンちゃんを物陰に隠し、その前に私が立ってコーギーとの接触を防ぎ、咬傷事故を回避しました)

他にもノーリードのラブラドールレトリバーに突然背後から突進されたこともありますし、すれ違いざまにお客様のワンちゃんに噛みつこうとしたチワワやトイプードルも見てきました。

危害を加えてくるワンちゃんに多いのが、リードを伸ばし放題にして自由にさせているパターン。
前述のコーギーもフレキシブルリードを全開にゆるめて自由にさせていたので、いざ攻撃が始まってからも飼い主さんはまったく制止ができませんでした。
危険が迫ってなお、「どうしたの?」「なんで?」とワンちゃんに問いかけていたり、今まさに噛みつこうとしているそばで「うちの子は噛むはずないのにな〜」などと口にする飼い主さんもいらして、そんな時は私も厳しい口調で「弁解はいいからまずリードを短くして制止してください」と言ってしまいます。

ワンちゃんにも色々な性格の子がいて、苦手や嫌いなものも犬それぞれ。
仲良くできずに激しく吠え合ってしまったり、跳びかかろうとしたりするのは、ある程度やむを得ないことだと思います。
大事なのはその時飼い主さんがきちんと制止してけが人やケガをするワンちゃんを出さないこと、これに尽きます。

ワンちゃんには非はなく、起こったことはすべて人間(=飼い主)の責任。
愛犬との楽しいお散歩タイム、トラブルで逮捕者が出たり、ワンちゃんが悪者になったりする事件は、無くなってほしいものですね。

重たい話題になってしまったので、写真だけは明るいものを。
今日シッター中にお散歩で訪れた山下公園「未来のバラ園」、秋バラが満開でとってもキレイでした♪
photocollage_2020102118310621.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 18:54| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

夏の「ワケあり」散歩

今月初め、某テレビ番組で「バーニーズマウンテンドッグが暑さに強い犬種」だと誤解を招くような紹介をしたことが、愛犬家たちの非難の的となっています。

私はその番組を見ていませんでしたが、アイドルやタレントがワンちゃんと街を歩くロケをするコーナーで、元々はシベリアンハスキーが出演していたのですが、ハスキーは暑さに弱いからと、代打で夏の間のロケに登場したのがバーニーズマウンテンドッグだった…とのこと。

バーニーズマウンテンドッグはスイスのベルンが原産のワンちゃん。
アルプスの山岳地帯がそのルーツで、寒さには強いですが、暑さに強いということは決してありません。

もとより、日本の高温多湿な猛暑が得意な犬種などいるはずもなく、人間の娯楽(テレビ番組)のために、ワンちゃんが熱中症になるなんてあってはならないことです。
せめて夏の間はどの番組もワンちゃんを伴うロケはお休みしてほしいなと、切に願います。

最近はワンちゃんの熱中症に関する啓発もかなり浸透し、真夏の昼間にお散歩をしている飼い主さんも減ってきたように思います。
中には昼間にワンちゃんとお散歩している人を見つけると「こんな暑い中お散歩させて、虐待ですよ!」とワンちゃんを思うあまり言葉厳しく注意をする方もいらっしゃいます。

確かに、その方のご批判はごもっともです。
でも、批判をする前に、一歩立ち止まってその方の事情にも思いを馳せてほしいとも思います。

例えばこんな場合は「虐待」と言えるでしょうか?

【ケース1】
その飼い主さんとワンちゃんは、朝一番に動物病院に行ったのに、たまたま混んでいて待ち時間が長かったために帰宅がお昼近くになってしまい、やむなく暑い中大急ぎで帰路についているのかもしれません。
(動物病院に車で行けば良いのでしょうが、車や運転免許がない方もたくさんいらっしゃいます)

【ケース2】
その飼い主さんは、外でしかトイレができないワンちゃんを、仕方なく昼間トイレに連れ出しているだけなのかもしれません。
(お家でトイレができるようになれば解決しますが、あれこれ試行錯誤して、それでも上手くいかずに苦労されている飼い主さんやワンちゃん、実はとっても多いのです)

もちろん、どちらのケースもワンちゃんが熱中症にならないよう、日陰を歩く、極力短時間で済ませる、クールウェアを活用するなど万全の対策を取ることが飼い主さんの責任であることは言うまでもありません。
ただ、事情がありその時その場所を歩いている場合もあるのだということを知っていただけたらなと思います。

明日から9月、まだまだ厳しい残暑が続きますが、皆様のお宅のワンちゃんが元気にこの猛暑を乗り切れますように☆
sor0018-009.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 22:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする