2019年03月19日

今年も『災害時のペット対策講演会』受講してきました。

日曜日、先月このブログでもご案内いたしました『災害時のペット対策講演会』を受講してきました。
PhotoGrid_1552891189995.jpg

講師をしてくださったのは、かもめ動物病院院長の中山孝大先生。
中山先生はご自身の病院で日々獣医療にあたっておられるほか、中区獣医師会の会長さんもされており、動物愛護行政への協力や、ペットの災害対策の啓発にも大変熱心な先生です。

講演会が行われたのは横浜市開港記念会館。
この日1階では人の災害対策、2階ではペットの災害対策と、いずれも中区役所の主催する災害対策の講演会が行われていました。
中区は災害対策の啓発にはとても熱心で、イベントや講演会など様々な啓発の場を行政が無料で提供してくださるのは区民としてとても有難いなと思います。


さて、本題の講演について。
「ペットの災害対策は人の災害と密接に関わっている」という中山先生の視点に基づき、人の災害対策に関する項目も交えつつ、災害対策を基礎の基礎から学べる、とても分かりやすい内容でした。

まず、自助(自分の身を自分で守る)・共助(地域で助け合う)・公助(行政などによる公的な支援)の基本キーワードを学び、地域防災拠点の役割や運営の実際、同行避難と同伴避難に関する解説があり、後半は日頃の備えの大切さについてお話がありました。

日頃の備えというのは非常用持ち出し袋の準備やフードの買い置きなど、単にモノを備えるというだけでなく、避難所での共同生活を見据えたしつけや、予防接種・ノミダニ予防などの健康管理などをすることも含まれます。

そして、町内会などで住民が同行避難について話し合っておくの重要な備えのひとつ。
話し合う時のポイントとして、中山先生は以下の2点を挙げておられました。
・話し合う時は必ずペットを飼っている人と飼っていない人、両方をメンバーに加えること。
・いつ起こるか分からない災害に備え、一刻も早くルール作りができるのがベストではあるが、まずは結論を急がずじっくり話し合うこと。

さらに、中山先生のご講演で最も勉強になったのが中区というエリアの地域特性。
中区には実はこんな課題があるということが分かりました。

1.中区は主に
・桜木町、関内、石川町など河川流域に発達したエリア
・山手〜本牧の丘陵地
・新山下や本牧ふ頭などの埋め立て地
に分かれており、地形の違いから災害時に想定される被害もエリアにより異なる。

2.中区は横浜市の中で1世帯あたりの人員が一番少ない区(=単身世帯の割合が高い区)。
単身世帯の方が昼間仕事に出てしまうと、その間ペットはお留守番をしているということになり、昼間に災害が発生した場合、同行避難ができない可能性が非常に高くなる。

3.中区住民のうち1割は外国人であるため、災害対策をどのように外国人の方にまで伝えるのか、コミュニケーションや言葉の問題などが生じる。

さすがは地元の獣医さん、中区に特化した災害対策の課題を浮き彫りにしてくださり、これが私にとっては今回の講演会の一番の収穫となりました。


講演終了後は、質疑応答タイム。
まずは区役所の職員さんが質問のトップバッターになってくださり、質問しやすい雰囲気を作ってくださると、2人目以降はどんどん挙手が増え、定刻より10分以上もオーバーするほどの盛況ぶり!

せっかくなので、私も中区獣医師会で災害対策についてどんな話し合いがなされているのか、質問させていただきました。
現在中区獣医師会では災害発生時の地域との連携について、病院が診療できる状態だったら?病院や先生が被災してしまったら?などあらゆる事態を想定しながら話し合いを重ねておられるそうです。
お忙しい診療の合間にも災害対策について色々と考えて下さっている先生方の存在、なんとも頼もしいですね!

中区獣医師会では災害対策の啓発のため、こんなパンフレットも配布しています。
準備すべきものや飼い主の心得、地域防災拠点と動物病院の場所を地図にまとめたものなど、コンパクトながらお役立ち情報満載なので、ここに画像を載せておきます。
図0.jpg
図.jpg

現在、中区には登録されているワンちゃんが約9,000頭、未登録のワンちゃんは推定3,500頭、ネコちゃんは推定12,500頭おり、ワンちゃんネコちゃんの総数を中区の地域防災拠点(計14箇所)で割ると、1ヶ所あたり1,785頭。
(このほかにウサギやハムスター、小鳥など小動物の数まで加えるとその数はさらに大きくなります。)
とても収容しきれる数でないことが分かると共に、自分のペットに必要なものは自分で備える、いわゆる「自助」の部分がどれだけ重要であるか、数字の上でも理解いただけると思います。

日頃の備え、この機会にもう一度考え、見直していただくきっかけになれば幸いです。



★過去のブログには昨年、一昨年の『ペットの災害対策講演会』のレポートもありますので、よろしければ是非♪

・2018年災害時のペット対策講演会
http://green-jack.seesaa.net/article/458091660.html

・2017年災害時のペット対策講演会
http://green-jack.seesaa.net/article/446867310.html



▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 20:33| Comment(0) | 資格・勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

あなたの防災力を試そう。

東日本大震災から8年が経ちました。

ここ数日はお客様とのお打ち合わせでも災害対策のことがたくさん話題に上りました。
スポットでシッターをご利用いただいており、都度鍵のお預かりとご返却をしているお客様の中にも、「急な災害で帰宅できなかった時のために今後は伊藤さんに鍵を預けたままにできたら…」とご検討くださっている方もいらっしゃり、動物の命を預かるペットシッターのお仕事は、災害への正しい知識と心構えが絶対的に必要な職業だなと、つくづく思いました。


ところで、現在テレビCMも流れていますが、YAHOO!で『全国統一防災模試』が行われていること、ご存じでしょうか?
3月末までにスマートフォンでYAHOO!のサイトにアクセスすれば、誰でも無料で模試にチャレンジできます。

防災模試のキャッチフレーズは「あなたの防災力を試そう」。
というわけで、私の防災力を試すべく、防災模試にチャレンジしてみました。

結果は…
図1.jpg
ゴッドと言われるほどの者ではございませんが(笑)、自分でもよくできたかなぁと思います。

採点結果と合わせ、自分の防災力のバランスや講評、自分の住む都道府県の平均点も教えてくれます。
図2.jpg


高得点が取れたのは、知っている内容がほとんどだったから。
ペット災害危機管理士の資格を取った際に学んだこと、災害対策のセミナーや講演会などに多数参加して専門家のお話から学んだこと、そして東日本大震災以来災害への意識を常に持ち続けていたことが、この結果につながったと思います。

他人事と思わずいつか自分の身にも起こることと意識し、知ろうと心掛けるだけで、みなさんもすぐ「防災ゴッド」になれますよ!


もしもの時、まずは自分の無事を確保し、動物たちを守れる存在でいられるよう、8年前の経験と教訓をこれからも風化させずに大事にしていかなくてはと思った、3月11日の午後なのでした。


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 16:40| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

本日(9日)午後、休業します。

本日(9日)午後は、お墓参りのため休業させていただきます。
s_photo_00357.jpg

大変恐縮ですが午後はいただいたお電話やメールへの対応等、事務作業もすべて休ませていただきますので、お急ぎのご用件等ございましたら午前中にご連絡をいただければ幸いです。

午後いただいたお電話への折り返しご連絡、ならびにメールへの返信は、明日(10日)以降順次対応させていただきます。

電話はお昼頃から留守番電話に切り替えさせていただきます。
伝言をお受けできる状態にしておきますので、折り返しご希望の方は、お手数ですがお名前、ご連絡先、ご用件の録音をお願いいたします。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。
どうぞよろしくお願いいたします。


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 00:01| Comment(0) | お仕事-お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

激しい筋肉痛…

先月から仕事の空き時間を利用して、自宅の大規模な模様替えと断捨離に勤しんでいます。
2月・3月とありがたいことにたくさんご予約をいただいており、ここ最近はひたすら仕事と片付けの繰り返し。
模様替えや片付けで使う筋肉は、お散歩や自転車移動で使う筋肉とまったく違うようで、頑張った翌朝にはもれなく激しい筋肉痛に襲われています(^-^;

筋肉痛を抱えていると、お散歩中に歩くペースや坂道&階段の上り下りのペースが、自分ではいつも通りに動いているつもりでも若干遅くなっているらしく、常連さんのワンちゃんからは「大丈夫?」という顔をされたり、「今日階段上るの遅くない?」と振り返られたり。。
動物って人間のことを本当によく見ているなぁと感心します。


そんな中、先日中区役所から第一種動物取扱業登録更新のお知らせが届きました。
DSC_0606.JPG
我々ペットシッターをはじめ動物取扱業を営むには所管の区役所への登録手続きが必要で、一度登録するとその有効期間は5年。
更新のお知らせが届いたということはもうすぐ開業丸5年…当たり前ですが、開業時から5歳も歳をとってしまいました。

そりゃあ無茶したら筋肉痛もひどくなるわけです(笑)

5年前の開業当初から比べると、体力は若干低下したかなと思いますが、時間と経験を積み重ねた分、お客様のワンちゃん&ネコちゃんたちとの信頼関係はより深いものになりました。
ここから先はこれまで以上に自分の体力や健康状態をよく見極めていかなければと、筋肉痛に苦しみながら、まさに痛感”しました。


おかげさまで模様替えと断捨離もゴールが見え、筋肉痛もだいぶ和らぎました。
明日からはいつものペースでお散歩できそうです(^-^)/


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 19:25| Comment(0) | お仕事-シッター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

『大佛次郎×ねこ写真展2019』

本日から大佛次郎記念館(中区山手町113番地)にて『大佛次郎×ねこ写真展2019』開催されています。

この写真展はアマチュアなら誰でも自分が撮った猫の写真を応募することができ、応募したすべての作品が大佛次郎記念館に展示してもらえるというもの。
写真展の開催期間中は写真の人気投票が行われ、入賞者には賞品があったり、さらに他の写真展への出展のチャンスもあるのだそうです。
私も看板猫・キキの写真を3枚、出品しました!
どんな写真かは、会場に行ってのお楽しみということで。

ちなみに写真は私の本名で出品しているので、お客様は皆様すぐにお分かりになるかと思います。

そして写真展初日の今日、早速私も投票に行ってまいりました。
もちろん、1位目指してます!!(←親バカ)

ちなみに先週読んだタウンニュースの記事によると、応募作品はなんと484点もあったのだとか!!
ライバル多し…(-_-;

■タウンニュース(中区・西区版)2月21日号
大佛次郎記念館 ねこ愛あふれる484作品 好評の人気投票も
https://www.townnews.co.jp/0113/2019/02/21/470217.html

『大佛次郎×ねこ写真展2019』は4月14日(日)まで。
大佛次郎記念館は月曜休館。
入場料は高校生以上200円、中学生以下&濱ともカードなどをお持ちの横浜市在住65歳以上の方は無料です。

大佛次郎さんのあふれる猫愛と、可愛いネコちゃんたちの写真に、猫好きの方はついつい頬が緩んでしまう癒しの空間です。
ご興味のある方はぜひお出かけください(^-^)


▼看板犬・ジャックも表敬訪問!?
図1.jpg


▼ブログランキング参加中!いつも応援ありがとうございますm(_ _)m
にほんブログ村 その他ペットブログ ペットシッターへ 
posted by グリーンジャック at 21:04| Comment(0) | 愛猫のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする